エンジニアとしての技術力を身につけることによってIT産業で活躍したいと考える人が増えてきており、新卒者だけでなく転職によって業界入りする人が見られるようになっている。その多くは、開発に携わることによって新しいものを生み出すことにやりがいを期待していることから、システムエンジニアやプログラマの人気が高い傾向にある。

そういった観点からはあまり人気が高くないのが、インフラエンジニアである。システムのインフラを担うことからその需要は高く、求人募集も広く行われていることから職を得ることは比較的容易な部類に入る。しかし、開発に携われる人材はそれほど多くはないというデメリットがあるのだ。基本的なインフラ設計は既存のものをベースに考えることが多いため、革新性の高い開発作業に携われる機会自体が少ない。それに加えて、比較的大きな仕事は設計したインフラを現場に導入し、その維持や管理を行うものになる。そういった傾向が強いことから、開発によってIT産業で活躍したいと考えている人にはインフラエンジニアの仕事は地味に感じられてしまうのである。

ところが、将来設計を考える上では需要の高さから安定した仕事を手に入れやすいというメリットもある。比較的歳をとってからでも求人募集があり、一般企業の社内インフラの保守や管理を行う仕事や派遣による点検作業等、エンジニアとしての仕事をして縁の下の力持ちとなれる機会は多いのだ。インフラエンジニアの仕事や求人について、詳細は・・・≪http://infrajob.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です