IT業界におけるエンジニアは、担う仕事によって大きく年収に差異が生まれる傾向が強いものの、その技術力が必要とされることから水準自体は高い。最底辺でも400万円程度は期待でき、プロジェクトマネージャーやコンサルタント等の上位で働く職種ともなると1000万円を越えるのが通常である。スペシャリストとして働く場合には500万円から700万円程度で落ち着くのが一般的であり、インフラを担うインフラエンジニアにおいても一般的な相場となっている。求人広告の時点ではそれよりも低い400万円程度が設定されていることが多いものの、数年の勤務でこの程度の金額に落ち着く傾向がある。

インフラエンジニアの仕事として典型的なのは既存のシステムの維持や保守に携わるものであり、導入も行っている企業であればアフターサービスやカスタマーサービスに関わる仕事である。その場合には、仕事が安定していてかつ600万円前後の年収を期待できるという点が魅力となる。

一方で、開発や設計に携わる仕事になるとより高度な知識と発想力も必要とされることから、700万円以上のより高い年収となることも多い。仕事も比較的安定していることに加えて、実績を重ねることによってプロジェクトマネージャー等の上位の職種へのキャリアアップも期待できる。そのため、将来における高年収を考えて開発系の仕事に就くことを望む人が多く、求人募集においては競争率が高くなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です