インフラエンジニアの職は、長きに渡って慢性的な人手不足に陥っている。求人募集はこの職が出来た時から常に世に溢れているが、あまり効果は現れていない。それというのも、この仕事自体の魅力があまり伝わってこないからだ。

エンジニアというとソフトウェアの最新システムを開発したり、多くの人の目に触れるwebサイトを構築したりと華やかなイメージがある。ところが、インフラエンジニアの活躍の場といえば、トラブル処理の類がメインであり、地味な上に精神衛生上もあまりよろしくない印象がつきまとう。しかし、それは考え方次第なのである。トラブル処理というのは職務として嫌がられる傾向にあるが、同時に、一番頼りにされる仕事でもあるのだ。山積するトラブルをテキパキと処理することができれば、周囲からの厚い信頼を得ることが出来るだろう。

それに、トラブルといっても逃げ腰になる必要はないのだ。その大半は技術的な問題であり、日頃から人一倍スキルを磨いているという自負があれば自信をもって臨むことができるはずである。ただし、スキルといっても単に知識を積み重ねるだけでは不足だ。想定できるトラブルを頭に思い浮かべて、それに対する解決方法を繰り返してシミュレーションしていかなければならないのである。これが自然と出来るようになれば、インフラエンジニアとしては一人前だと言えるだろう。あとは、積み重ねてきた自信を胸に、トラブルに臨めばよいのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です